カルトキョウダン

オウム真理教他多数の団体があった時代


職場の同僚が被害にあった


洗脳、、、


真面目で頭のいい人格者ほど騙されやすいという


全ての宗教がカルトといえるかもしれない


仏教の本質を読み取ってみても


理不尽感が否めない




逃亡の挙句死刑囚となり人生を全うする


教祖をあがめ深層心理の理解を深め


何を学ぶのか?


哀れで仕方がない、、、


加害者家族と被害者家族となる遺された者たち


切なくもあり空虚感もあるのではないだろうか




依存、共存、、、


人の心と頭の中に巣食う悪魔


良いもの悪いものは紙一重なのだから




聞こえる耳と


見える目と


話せる口を


持っている人でありたいと思う





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。